これは絶対に間違えてはいけないポイントです。

それは、

FXの勉強をしてはいけない

です。

えっ!?でもそれじゃあ全くの素人は失敗しませんか?

と思われたかもしれません。

ここでいう、「FXの勉強」というのは、

× FXの基礎やトレンドの見方といった教科書

であり、

◎FXで稼ぐ為の手法

を学ぶこととは、相反しています。

聞こえはほぼ一緒ですが、中身をよくみると全く違います。

相談でいただく中でも、

Aさん「本を毎月10冊以上読んでいます!」

Bさん「1週間前のトレンドを分析して10回トレードしたのですが利益が出ませんでした・・・」

この二人では、圧倒的にBさんのほうが、FXでばんばん稼ぐトレーダーに
なれる可能性も、速度も高いと言えます。

なぜでしょうか?

それは、二人の間の決定的な違い

「生の相場で学んでいるか?」という違いです。

本を何十冊、何百冊読もうが読みまいが、トレードしない限り
失敗もなければ、1円も稼げません。

その点、Bさんの場合、負けはしているものの、トレードを実践
しているため、やり方さえ、軌道修正を行えば、利益を出すスキルを
身につけることができるのです。

大切なのは、「正しいやり方を知る」
「リスクを恐れずにトレードを繰り返す」

これにつきます。

あなたは、今月本を何冊読みましたか?

それとも何回トレードを行いましたか?

「正しいやり方」と「価値への法則」は
以下からご覧いただけます。


<あなたのアフィリエイトURL>